名古屋西校052-521-3222 楠校052-903-9555 清洲校052-408-0661 春日井校0568-29-7331

会社案内

レジックスポーツとは

レジックスポーツとは

レジックスポーツとは LEGYCは、LET’S GYMNASTICS CLUBの略文字です。「たくさんの人達に体操を知ってもらいたい」との想いがこめられています。
有限会社レジックスポーツは、坂本周次(私)と橋口美佐代(1996年アトランタオリンピック大会に私が始めてオリンピック選手に育てた橋口美穂さんの母親でもあります)が1997年9月に創設しました。
私は、1979年より1998年までの20年間名古屋市中区の株式会社レッツスポーツの経営するレッツスポーツプラザの「レッツ体操クラブ名古屋」に勤務し幼児、小学生、中学生を対象にジュニア体操のコーチとして働きました、1998年12月レッツスポーツプラザが廃止されることを機に社長に後押しされ体操部門のみ引き継ぐ形で独立開業し、1999年名古屋市北区に本校となる「名塚校」を開校270人のクラブ員でのスタートをきりました。
2004年9月に清須市春日に2校目となる清須校、2007年2月、名古屋市北区に3校目となる楠校、2009年11月には春日井市篠木町に4校目となる春日井校をそれぞれ開校し、現在、クラブ員数900名という大きな体操クラブに成長してまいりました。
レジックスポーツは、「たくさんの人達に体操を知ってもらいたい」ということともうひとつは、「優秀な選手を育成する」という目標を持っており、現在までに、1996年アトランタオリンピック大会に橋口美穂選手、2008年北京オリンピック大会に黒田真由選手(黒田真由選手は、2005年メルボルン世界選手権大会、2006年デンマーク世界選手権大会の両大会で種目別段違い平行棒において2大会連続で世界4位に入賞し、北京オリンピック大会では、日本チーム団体5位入賞を果たす大きな原動力となりました。)を輩出したことを始めとして多くの世界選手権大会やジュニア国際選手を輩出し国内のジュニア体操界においても現在3位の実力を持ち、国民体育大会、インターハイ、全国中学大会においても数多くの男女優秀選手を輩出し、愛知県の体操のためにも尽力をしております。
レジックスポーツ女子団体チームは2003年に全日本選手権大会において団体3位に入賞し、現在までに14年連続で全日本体操競技選手権大会に団体出場しています。
こうした体操競技の世界で学んだ指導の知識や経験が、レッツ体操クラブ名古屋に通って来る生徒の皆さんの指導にも活かされているものと信じております。
日々環境の変化する子ども達の生活の中においても身体を動かす喜びは、なんらかの形で役立つことだとおもいます。
大きな安全なフロアーで思い切り体操をすることで子ども達は、家庭や学校では、決して学ぶことのできない体験をし、友達とのふれあい、コーチとのやり取りの中で新しい技ができた時のなんとも言えない喜びや感動を味わえると信じます。
さー皆さんも新しい第一歩を踏み出してみませんか?レジックスポーツ・レッツ体操クラブ名古屋のスタッフが皆さんを体操の世界へご案内いたします。

会社概要

会社名 有限会社レジックスポーツ
代表取締役 坂本 周次
所在地 〒451-0013 愛知県名古屋市西区江向町4-15
TEL 052-521-3222
事業内容 体操教室の運営